FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は日本語能力試験

2012.12.02 18:10|ベトナム日本語事情
今日は日本語能力試験。
私たち、ドンズー日本語学校の日本人教師は、人文社会大学Thu Duc(トゥー・ドゥック)キャンパス。
朝、6時半集合で、バスで移動。

DSCN1016.jpg
これが、トゥー・ドゥック・キャンパス。
きれーい!
そして、広い。
写真の建物が2セットでC棟。
同様に、A棟、B棟がある。
更に体育館もあり、発表会ができるような会場もあり、さらに新棟建設中と、とうとうベトナムも、広大なキャンパスを持つ時代に突入したのかと思わせる広さ。
さすが、人文社会大学。

到着した早々、学生から
「先生、おはよー。私。受験票を忘れたんだけど、どうしたらいい?」
みたいな軽いノリで、電話がかかってきた。
『うそやん!受験票忘れるって、どーゆーこと?しかも、全然あわててないし。神経、どーなってんの?』
と思い、アホか!と怒鳴りそうになったのをこらえて、会議室内を見渡すと領事の姿が見えたので、ダメもとで
「領事、うちの学生が受験票忘れたって言ってるんですけど、ダメですよね?」
と聞いたら
「ああ、いいよ。」
と軽い返事。
聞くと、受験票を忘れたというのはまだかわいい方で、昨年なんかは前年の受験票を持ってきて着席していたとかあったそうで、思わぬトラブルが多々あるため、受験票を忘れたくらいのアクシデントは本人確認できれば受験できるんだとか。
へー、そうなんだ。
勉強になった。

そういえば、私も以前の試験監督のとき、学生が試験終了後に走ってきて
「先生、すみません!さっきの解答用紙にお父さんの誕生日を書いてしまいました!」
とか
「先生、私の受験票の名前が違います!」
なんてことがあった。
お父さんの誕生日書くって、どーゆーこと?
受験票の名前が違うって、申し込む時にあんたが自分で書いたんやろ!って感じだけど、この手のトラブルは各国共通なんだろうか。
それとも、ベトナムだけ?


DSCN1015.jpg DSCN1007.jpg
試験中。
さすがに、教室の中を撮影するのは、いかがなものかなと思い、廊下の写真。
試験中の静寂さが伝わっていただければ。
ちなみに、日本人教師の役割は、各教室で試験が適正に行われているか、時間通りに進行しているかを確認するのだが、まあ時間通りに進むことはない。
そもそも、教師によって腕時計の時間が違うので、同時に開始ということが無理なんだと思う。
日本のような時報があるわけではないので、時報に合わせる習慣なんてないし、じゃ、どうやって時間を合わせるんだって話になると、もう大変。
未だに、何が正確な時間なのか、わからん。
まあ、そういうゆるいところがベトナムらしくて良いのではないかと思う。
日本のように秒単位でキッチリやるのは、やり過ぎじゃないかって思うこともあるし、その国の時間感覚というのもあるので、これはこれでOKでしょ!って、ここ数年思うようになった。
ベトナム在住2年目くらいまでは、有り得ない!ってカリカリしていたものだが、寛容になった?朱に染まった?
どっちなんでしょ。

下を見ると、警備員のおっちゃんが歩いているだけで、こちらもシーンとしている。
試験中だから当然か。




DSCN1020.jpg
ふと廊下から空を見上げると、きれいな青空が広がっており、時々飛行機が飛んでたりして、のどかでいいなぁ~って感じる。
「あの飛行機に乗って、どこかに行きたいなぁ~。」
と何時間見てても飽きない。
飛行機を見るとロマンチックな気持ちになるのは私だけ?
思わず両目を閉じ、遠い異国に思いを馳せ…って、頭上を通過する飛行機は、すでに着陸態勢に入ってホーチミン市内のタン・ソン・ニャット空港目がけて一直線なので、実はロマンチックもへったくれもなく、5分で着陸なんですけどね。





DSCN1014.jpg
更には、大学の敷地外だけど、隣には池がある。
魚がパシャパシャ飛んでおり、信じられないくらいの量の魚が飛んでおり
「あそこで、魚釣りしたら楽しそうだなぁ~」
と思わず思ってしまう。
実際、釣り人が何人かいたようだが、木が邪魔で釣果はわからない。
でも、まあ、私の人生の中であんなに魚が飛び跳ねているのは初めて見た。
イルカのショーかと見間違えるくらい、3匹の魚が一緒に飛び跳ねたりと、灼熱の太陽光を浴びてキラキラ光っていたのが印象的。

ということで、初めての人文社会大学トゥー・ドゥック・キャンパスは自然が多く素敵だなって思った。
で、肝心の学生の写真は撮るのを忘れており、試験風景は全くなし。
半年後の7月に報告いたします。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。