FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いけないこととは、わかっているけど・・・

2012.10.20 11:35|日常生活
copy.jpg

ベトナムでは、本、CDのコピー商品は当たり前。
いけないこととは、わかっちゃいるけど、これもベトナム文化の一つ?と受け止め、私も利用している。
CDやDVDなんかは、普通に店舗を構えて、デデ~ンと偉そうにコピー商品専門で販売しているのが立派。
ベトナムに来ておもしろいと思ったのが、市場などへ行って商品を勧められ
「これ、本物ですか?」
と聞くと、何も悪びれることなく
「いいえ、偽物です。」
と返してくる。
話し好きなベトナム人なんかは
「本物だったら、こんなに安くないよ。ワッハッハ。」
と気持ちいいくらい、あっさり認める。
潔い。

私たち日本語教師がよく利用するのが、教科書及び参考書のコピー本。
初めてベトナムへ来た方なら驚くと思うが、普通の学校でもコピー本を使用している。
正規本を使用している学校なんかは、かなりレアなケースだと言っても過言ではないと思う。
そのせいか、他のサービス業に比べ、印刷業界は発達している。
単にコピーするだけでなく、製本までしてくれるところがすごいと思う。
通常、300ページ程度の本で30000d(130円)で、翌日仕上がり。
仕事が早くて丁寧なのがうれしい。

私は、購入した本に書き込むことができない性格なので、自分が購入した本でも一度コピーし、そこに赤ボールペンでどんどん書き込む。
授業で使用する教科書をコピーし、ノートの代用品みたいにして使用しており、これがとても便利。

コピー本を買って帰ってくださいとは大きな声で言えないけど、自分用にコピーして持って帰り、そこに書き込みまくるというのは、アリではないかと思う。
利用してみたい方は、ご連絡を。
スポンサーサイト

Comment

No title

写真に見える「SS式ベトナム語」の著者は、「FUJI奨学基金」の代表で、元日本留学生のト・ブー・ルーンさんですね。
http://www.fuji-qhb.org/index.html
この本は買ってあげてください。…て、私は古本で買ったんだけど。

No title

えー!
知ってる方なんですか?
この本は、実は原本も持ってます。
最初に学生に写真の本をもらったんですが、CDが欲しくて買いました。
最初に見たのがA4サイズのコピー版だったため、本物は小さくて驚きました。

No title

ベトナムと日本間の商社をやっている方で、ベトナムの奨学金支援や障害者支援なども行っている方です。
ちょっと古いけど↓
http://www.abk.or.jp/asia/webasia/200301/08-1-bokoku.html
本もCDも絶版になっているようですね。ベトナム語のテキストでは珍しい南部の発音で録音されているので、欲しい。

No title

えー!ホエ校長とも知り合いの方なんですね。
驚きました。
本はありますが、CDは、どこかにいってしまいました。
絶版になってしまったんですね。
残念。
非公開コメント

| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。