スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトシェルクラブのから揚げ

2012.08.15 14:50|食べ物
料理名:Cua Lot Bo Chien(クア・ロット・ボッ・チン)
店 名:Quan94(クァン94)
住 所:94 Dinh Tien Hoang, Q.1

DSCN7967.jpg
手前左:カニ肉の揚げ春巻き、手前右:カニ肉の春雨、奥左:ソフトシェルクラブのから揚げ、奥右:カニチャーハン


ガイドブックにも掲載されている店で、ローカル雰囲気抜群の店なのに日本人に会わないことはないというくらい有名なレストラン。
なので、わざわざ、ドンズー日本語学校のブログに取り上げるほどの店でもないんじゃないかと思うけど、一度食べたら忘れられないので、あえての掲載。
食べたら忘れられないというか、一週間に5回くらい食べに行ったことがあるくらいで、ここのCua Lot Bo Chien(クア・ロット・ボッ・チン)は絶品。
普通にから揚げにしただけなんで、カニ好きじゃない方にすると、「ふーん」的な料理ですけど、コストパフォーマンス的な視点から判断すると、この店がベスト・パフォーマンス店ではないかと。

クア・ロットは、ソフトシェルクラブ=脱皮したばかりのカニのことで、店内にいるカニの甲羅をさわると、やわらかくて驚く。
「うわ、甲羅やわっ!!」
みたいな。
そりゃー、そうだって。
だから、ソフトシェルだって言ってんじゃんって、店の人に突っ込まれそうですけど、甲羅がやわらかいカニって、結構キモイ。

料理は、これを単にから揚げにしただけで、殻ごとバリバリ食べる。
あ、いや、イメージ的に書いただけで、実際はバリバリという音はしません。
ソフトなんで。
スイート・チリソースにつけて食べるのがベトナム流。
塩コショウにレモンを絞って食べるのが、ベトナム通。
醤油につけて食べるのが、私流。
ということで、ベトナム醤油に唐辛子を入れ、少し辛めにして食べるのが私のオススメ。
私、北海道出身なもんで、子供の頃から結構カニは食べてる方だと思うんですが、そんな私に漁師町出身の親友が指南してくれたカニの一番おいしい食べ方が、カニ肉をカニみそであえて醤油をかける料理。
素材を大事にしつつ、醤油で味をふくらませる食べ方で
「なまらうまいべや!」(とてもおいしいですよ~)
と、北海道弁を連呼しながら、力説していた。
ちなみに、漁師は、身をほじくるのが面倒なので、カニみそ食べたら捨てるのが普通なんだとか。
「カニの足なんか、食わねぇよ」
とのことで、え!マジで?と突っ込みたくなりますけど、確かにカニの足は食べるの面倒だし、甲羅部分の身が一番多くておいしいので、わからないでもない。

という話を頭にインプットしていただいてから、ソフトシェルクラブに話を戻して、この料理がおいしいのは、丸ごと食べるので、やわらかいカニ肉とカニみそが勝手に口の中でMixされることだと思う。
つまり、漁師が一番美味しいという食べ方に自然となっているわけで、そこに醤油をつけることで旨みが爆裂し、から揚げにしたサクサク感が、絶妙なハーモニーををかもしだし、更に更に、この料理を東京で食べたら4000円もするのに、ホーチミンで食べたら400円くらいなんやで!!って優越感が頭をよぎり、至福の時間が訪れるわけです。
思わず
「おいしいなぁ~」
と、ボソッとつぶやくこと間違いなし。

この店へ行くと、毎回注文するのが同じで写真の4品とSup Cua(スップ・クア)=カニ肉のスープ。
エビ料理もあるけど、この店行ったらカニを満喫しなくっちゃ。
春巻きは、野菜と香草と一緒にヌックマムをつけて食べる。
チャーハン、春雨はお好みで醤油をつけて食べる。
どの料理もお値打ち価格なので、
「せっかく海外に来たんだか、日本人がいない店が良い」
という方でも、是非行って欲しい店。

今の私の夢は、クア・ロット・ボッ・チンを一人で三皿くらい食べること。
もう嫌だ、食べたくないって言うくらい、クア・ロット・ボッ・チンを食べたい。


スポンサーサイト

Comment

No title

ほんと参考になります
非公開コメント

| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。