スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近流行のココナッツアイス

2015.01.15 18:17|食べ物
日本は真冬絶好調の中、ホーチミンでは、夜になると異常な盛り上がりを見せているアイスクリーム屋がある。
それが、こちら。

店名:Ca Rem(カ・レーム)
住所:241C Cach Mang Thang Tam, Q3

10460457_10200089920766826_2088246050412776205_n.jpg
ベトナムの子どもは、アイスクリームと言うとき発音がなまって「カレーム」になるそうだ。
それが店名のかわいらしい店。
ちなみに、ベトナム語でアイスクリームは、Kem(ケム)。


10897753_10200089920846828_5661460667675649849_n.jpg
よく通る道にあるので「小さい店でやっていけるのかな」と思っていたけど、よくよく観察してみると、入り口隣に銭湯の椅子のようなプラスチック椅子がいっぱいあって、若い人で大賑わい。
テーブルもなく、椅子をテーブル替わりにして使用する。


10917394_10200089917806752_2943290595924790943_n.jpg
角をまわってみると、こちらも大勢の人がアイスクリームを食べている。





こちらが、メインのアイスクリーム。
メニューは強気でこの1品のみ。
ココナッツを半分に割り、それを器としているところがオシャレ。

中を覗くとココナッツアイスが1スクープ。
ココナッツアイスは、ほんのりココナッツの甘さがあり、バニラよりもさっぱりしているので食べやすい。
それから、トッピング。
まず、アイスクリームの隠れて見え難いけどココナッツのお菓子。
それから、コーン。
紫色は、おこわ。
黄色の細長いものは、かぼちゃ。

おこわの色は、天然色。
「Xoi Nep Cam(ソーイ・ネップ・カム)」と呼ばれるおこわで、お米の色が最初から紫色である。
ほんのり甘くもっちりとしたおこわが、アイスクリームと絶妙に合う。
ベトナムでは、この他にもぜんざいのトッピングにおこわが使われたりする。
コーンもかぼちゃも、一瞬「え?」と思うものの、かぼちゃケーキがあったりするし、とうもろこしも甘いし、デザートに使用されても納得する野菜。
質素だけども、心躍る盛り合わせに思わずはしゃいでしまう。
ちなみに、ココナッツの内側の白い部分を削ってあり、食べやすくしてあるところにお店の心遣いを感じる。



10920937_10200089919486794_728421468957929833_n.jpg
アイスクリームにココナッツジュース(ココナッツの水)がついて30000VND(150円)。
安い!
ということで、私は毎回2個食べる。



ベトナムに来てローカルスイーツを楽しみたい方は是非お試しください。
味がさっぱりしているからか、外で食べてる開放感からかわかんないけど、2個くらいペロリです。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

お読みいただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
何かリクエストがあれば、記事にします。

Re: タイトルなし

お読みいただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
何かリクエストがあれば、記事にします。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。