FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phu Quocの市場

2014.03.04 14:42|観光
Phu Quoc島の市場は新鮮な魚がいっぱい。

Picture 3213
バイクで買い物するのが習慣のようで、市場内は大変なことになっている。
歩くのも大変。
ちなみに、島内にはバイク泥棒がいないとのこと。
「Phu Quocの人は、いい人ばかりなんですね~」
と話していると、そうじゃなくて、逃げられないからと笑いながら教えてくれた。
そのかわり、ヘルメット泥棒が多いとのこと。



Picture 3215  Picture 3229
市場内では、野菜、肉なども売っているけど、一番多いのはやっぱり魚。
見るからに新鮮な魚で、目が澄んでいる。


Picture 3227
とにかく魚の量が半端なく、その辺に撒き散らかして販売していたり処理している人がいる。
こんなにたくさんの魚、売り切れるのかなって不思議に思って聞いてみたところ、売れ残った魚はヌックマム(魚醤)の原料になるんだとか。
なので、無駄にはならないとのこと。
なるほど、こんな鮮度の良い魚が原料だからPhu Quocのヌックマムはおいしいんだ。



Picture 3245
乾物屋も多い。
小エビの干物を試食させてもらったところ、びっくりするくらいおいしかった。
なので、1kg購入しようと思い、値段を聞いたところ50万ドン(=2500円)というので高いと思って買わなかった。
ところが、HCMへ戻って聞いてみると、小エビの干物は2倍の1kg100万ドンくらいが相場とのこと。
しかも、Phu Quoc産になると更に値段が高くなるそうで
「なんで、買わなかったの!!もったいな~い!」
とベトナム人の友人に言われた。
逃がした魚は大きいぞじゃないけど、買っとけば良かった。

ちなみに、小エビの干物は、酒のおつまみになったり、菜っ葉スープのダシに利用したりする。
ベトナムへ来たばかりの頃、どうしてもお茶漬けが食べたくなり、小エビの干物スープが昼ごはんに出たとき
「これにご飯を入れて食べたら、お茶漬けみたいでおいしいだろうな」
と思い、スープにご飯を入れて食べた記憶がある。
私の家庭では、猫まんまは絶対に許してくれなかったので、すごく行儀悪い食べ方をしていて恥ずかしいという気持ちと、周りの視線が気になって、急いで飲むようにして食べた。
でも、おいしかった。
あぁ、やっぱり自分は日本人なんだなって思った。
昔は日本食レストランも少なかったし、日本語教師の安月給ではお茶漬けを食べるのも大変だった。
小エビの干物を見るたびに思い出す、懐かしい思い出。




Picture 3248
市場の裏へ行ってみると、所狭しと干物を作っている。



Picture 3241
イワシを開きにしてパック詰め販売もしている。
手際よく、仕上がりきれいで日本の板前さんもビックリの職人技。




Picture 3238
鶏肉も新鮮!



日が暮れるとナイトマーケットの時間。
ナイトマーケットでは、お土産品屋とレストランが並んでいる。
お土産品は、申し訳ないけどそそられるものがないので割愛。
ベトナムのどこにでもあるような物しか売ってない。
Picture 3027
こんな感じで、新鮮な魚介類が店先に並ぶ。
どれもおいしそう。


Picture 3030
ウニもあったのでビックリ。
黒いのがウニ。
ウニは、わさび醤油で食べる。
醤油がベトナム醤油なので、イマイチおいしくない。
さしみは、やっぱり日本の醤油が合う。



Picture 3043
食べたい魚やエビを指さしで注文すると豪快に焼いてくれる。
基本的に塩コショウで食べる。
新鮮でおいしいけど、ただ焼いているだけなので、これを料理と呼んでいいのか?という疑問はちょっとある。
ご飯を食べるというよりも、酒飲みに行く感覚がいいかも。

最後にちょっとケチつけたけども、見た目もお腹も満足のナイトマーケット。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。