FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡椒(コショウ)栽培

2014.02.15 13:54|観光
遠くにもやがかかる朝焼けの中、どこまでも続く長い直線。
休みを利用して、北海道旅行を楽しんできました。
Picture 3355
というのはうそですが、北海道を思い出してしまうような風景。
テト(旧正月)休暇を利用して、Phu Quoc(フー・コック)島へ旅行に行ったときの写真。
フー・コック島は、ベトナム本土最西端より更に西にある島で、泳いでいけそうな距離にカンボジアの島が浮かんでいる。





Picture 3075
直線をバイクで進んでいると、道の両側に胡椒畑がある。
ベトナムは、胡椒輸出量世界第一位。
その生産の一翼を担っているのがフー・コック島。
香り高く気品ある胡椒はお土産におすすめ。

私も大好きだが、ベトナム胡椒は世界でも人気がある。
人気の秘密は香り。
日本でもイタリアンレストランなどで、挽きたて胡椒を使用することがあるけど、家庭で挽くことはあまりないと思う。
ベトナムは、家の台所に胡椒挽き用の道具がある。
胡椒の粒を入れ、ハンドルをぐりぐり回せば
思わず
「おはようございます!」
と言ってしまいたくなるくらい、鮮烈な香りが鼻を突く。
料理に使用すると、味に躍動感が出て、食べるのが楽しくなる。
ベトナム料理のおいしさの秘訣は、胡椒がもたらすアクセントだと思う。



Picture 3074
いくつもの畑を通過していると、突然コンクリートの柱があった。
これに胡椒を巻きつけて栽培するそうで、今まで細い木を使用していたのを最近はコンクリートに変えているんだとか。


大自然の中での胡椒栽培。
大変なこともあると思うけど、いつまでも続けて欲しい。
私は、フー・コック産胡椒の大ファンです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。