スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月餅の値段が下がりすぎる件

2014.09.16 15:05|日常生活
すっかり、旬が終わった中秋の月餅の疑問について。

http://dongdu.blog.fc2.com/blog-entry-29.html
月餅については、よろしければ過去の記事をご覧いただけれるとうれしい。


簡単に説明すると、中秋の1ヶ月前くらいから街のいたるところに臨時月餅販売所が設置される。
年々徐々に価格が上がっており、今年は1個95000ドン(=約450円)くらい。
ローカルのランチが30000dくらいの時代なので、ランチ3食分くらい。
庶民にとって、安いものではない。
これを、訪問先に挨拶代わりに持参する。



2014trung thu65 2014trung thu54 
あんが甘く味付けした鶏肉だったり、ハムだったりして一般的に、日本人は苦手な人が多いが、日本と同じように小豆で作ったものや、黒ゴマ、黒豆、など日本人もおいしいと思える月餅も多い。
ただ、この手のお菓子系月餅は、なかなか売っていないこと、ベトナム人に人気がないことから、存在を知らない日本人も多い。

写真は、団子の皮みたいので作った月餅。
もっちりした皮に最近流行の緑茶餡をくるんだ一品で、なかなか美味。
塩漬けの玉子の黄身がいらないなって感じだが、玉子の数が多ければ多いほど値段が高くなる。
探せば玉子なしもあるが、どういうわけか日本人に最も馴染みのある小豆には必ず入っている。
いらないなぁ~。



今年の月餅で一番おいしかったのは、コンビニのミニストップで売っていたチョコレート月餅。
月餅というかチョコレートだけで、中にピーナッツソースかな?が入っている。
チョコレート好きにはたまらない。
絶品。



2014trung thu63
さて、ここから本題。
写真の月餅屋に書かれている「MUA 1TANG 3」とは、「1個買ったら3個プレゼント」の意味で、約1週間くらい前から割引が始まる。
当然、最初はサービスなしで、それが「1個買ったら1個プレゼント」、2個プレゼント、3個プレゼント、4個プレゼントと増えてくる。
誰かが同じこと書いていたけど、年々、割引する時期が早くなるような気がする。
今年は2週間前くらいから1個プレゼントが始まった。
で、毎年
「中秋の前に割引するなら、割引されてから買った方がいいんじゃない?」
という疑問が頭に浮かぶ。
普通の人だったらみんな同じ疑問を持つと思う。
ベトナム人を見ていると、特に割引を待っている人はいないようだし、割引前に購入しても損したと思っている人はいない。
ずっと不思議でたまらなかったが、今年はようやくベトナム人の真意を理解できたと思う。
要は、お中元みたいなもので、月餅は気軽に食べられるような安い食べ物じゃなく、季節の挨拶として持参するものであること。
値段の割引を待ってから訪問日を決めるわけではないので
「少々高くたって損してるわけじゃないし、季節の挨拶だから仕方ないじゃん?」
クリスマスが終わってからクリスマスケーキをプレゼントする人いないのと似たような理屈だと思う。

また、いろいろ聞いてみると、ベトナム人もそんなに月餅が好きではないようで、自分から積極的に購入して食べるものではないらしい。
なので、値引きを待っているわけでもないようだ。
家族が食べる分は安くなってから買う人が多く、贈り物用は値引きが大切ではない。

というのが、今年は理解できたので大満足。
個人的にはベトナム人の気持ちがよくわかり、今までのモヤモヤが吹っ飛んで、気分すっきりの中秋だった。
とはいえ、知人宅に呼ばれ、張り切って4個2000円で月餅を購入したのに、翌週店の前を通ったら「Mua 1 Tang 4」の看板を見たときは、思わず舌打ちしそうになった。
まだまだ、ベトナム人にはなれないなぁ~。

スポンサーサイト

2014中秋報告

2014.09.11 16:12|日常生活
旧暦の8月15日は中秋節。
今年は、9月8日がその日で、ベトナムでも大いに盛り上がった。

ホーチミン市内中心部はそれほどでもないが、中国を起源とする行事だけに、チョロン地区(中国人街)の賑わいがすごい。
ベトナムの中秋節は、本来、子供のお祭りであるため、大人は無関心を装っている人が多いが、チョロンへ行くと、日本の縁日に似た雰囲気があり
「中秋は子供のお祭りだから、大人はね・・・」
なんて行儀良いこと言うのはもったいない。
それでなくても祝日も少なく、イベントも少ないベトナムで、現地のお祭りを楽しめるなんて滅多にあるもんじゃない。
ここを楽しまずして、いつ楽しむ?



2014trung thu10
メイン会場となっているLuon Nhu Hoc(ルーン・ニュー・ホック)通り。
普段は、静かな通りだが、この時期は1週間くらいすごいことになる。
年収の半分は、ここで稼ぐのではないかと思うくらいの勢いで大盛況。


2014trung thu69
ちなみに、昼間は静かな通り。



2014trung thu19
最も賑わっているのは、Luon Nhu Hoc(ルーン・ニュー・ホック)通りから小道を入ったところ。
通りの両サイドで売っているのは、お面、ちょうちん、うさぎの耳の形など頭につけるアクセサリーなど。
一応、子供のお祭りなので、お面をつけたり、ちょうちんを持ったりして歩く。




2014trung thu24
こんな感じで、若者は楽しむ。
結構、かわいい(笑)



2014trung thu7
お面というか、怪しい舞踏会の仮面を売るお姉さん。




2014trung thu39
子供も仮面。
すっごい楽しそう。



2014trung thu37
更には、クラブ系の音楽に合わせて踊る子たちも発見。
相当興奮しているのか、何回撮っても写真がブレるくらい激しく踊る。
さすが、子供のお祭り。


2014trung thu42 2014trung thu44
夜店もいっぱい。
こちらは、牛肉のひき肉をパンダンリーフの葉で巻いて焼いたもの。
雰囲気的には、紫蘇の葉でつくねを巻いた感じ。
一本単位で買える。


2014trung thu31 2014trung thu30
こちらは、お菓子。
水あめを延ばして延ばして、何度も延ばしていると、ふわっとした糸状になる。
これを米粉のふんわりせんべいの上に載せて、ココナッツ、ピーナッツ、砂糖、練乳をかけて二つ折りにしてできあがり。
甘いけど、おいしい~。




中秋節は、チョロンが熱い。
来年は、是非チョロンへ行ってみてください。
| 2014.09 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。