スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asia Pacific Aquacultureに行ってみました

2013.12.18 10:42|日常生活
12月10~13日の日程で、Asia Pacific Aquacultureが開催された。
会場は、近年新しくできた展示場で、7区Phu My Hung(フー・ミー・フン)と呼ばれる私たちローカル人にとっては別世界のような場所にある。

apa6.jpg




この展示会は、アジアのエビや魚などの養殖業に関する展示会だそうだ。
ご存知の方も多いかもしれないけど、ベトナムのエビ・カニなどの甲殻類輸出量は世界第二位。
日本では食べられていないけど、チャと呼ばれるなまずのような魚は輸出量世界第一位を誇る水産大国。
メコン流域奥での養殖が盛んで、近年問題となっているのがエビの養殖。
狭い場所で大量養殖すると、エビが病気で死んでしまったり、死には至らなくても出荷できなくなったりする。
抗菌剤を使用すると、日本の輸入基準に引っかかり輸出できなくなるという問題にもなるそうで、養殖業者の死活問題になっているということは、私も新聞でちょくちょく読んで知っていた。

そこで、この展示会では、エビのストレスを和らげるサプリメントであったり、水をきれいに循環させる機械であったり、水質環境をきれいにする物といったものを展示しているそうだ。
エビや魚に薬剤を投与するのではなく、環境から改善して病気を防ぎましょうというのが、この展示会の主旨とのこと。
日本は、この業界では大きく出遅れており、欧米系企業が強いものの、ブラックタイガーの養殖技術というのは日本発だそうだ。
他にも、聞いていておもしろいと思ったのは、アジアで養殖しているエビは、本来南アフリカ原産のものが多く、それをアジアに移植させて養殖しているとのこと。

エビの好みも、アジアでは頭付のエビが喜ばれるが、欧米は大味でかまわないので身が大きくてぎっしり詰まっているものが好まれるとか、地域によって違うので種類はもちろん、養殖技術も違うらしい。


話していて、そういえばそんなエビがいるなと思ったのが、ゆでたときに頭に白い斑点が出るエビ。
あれは比較的かかりやすい病気だそうで、食べても無害ではあるものの、商品価値としてダダ下がりなので、水産業者にとっては頭を悩まされる病気だそうだ。


展示会場のブース
apa3.jpg
私は、日本語学校のフェアしか行ったことないので、比較するのもいかがかと思うけど、ブースのデザインもきれいで、すごいなぁ~とビックリ。

apa2.jpg
きれいなお姉さんもいるし、明らかに日本語業界のフェアとは違う。


apa5.jpg
欧米系の企業ということで、欧米人が多いのはもちろんだけど、テーブルの上にワインが。
ワイン飲みながら話すなんて、日本語業界ではあり得ない(笑)
他のブースでもビールが置いてあったりしたので、欧米系のフェアでは普通のことなのかな?

apa1.jpg
フェア前日の夕食会。
このフェアの参加している「The World Oyster Society Steering Committee」(世界かき学会)の皆様。
会場近くのきれいなレストランということで、私がお店選びを手伝った関係で呼んでいただいたのだ。
とても楽しい方ばかりだったけど
「ベトナム料理は、タレが多すぎて食べ方が難しい」
との声も聞かれ、ベトナム料理を多くの人に知ってもらいたいと思っている私は大慌て。
でも、なるほどと納得。
確かにベトナム料理は
「この料理は、ヌックマム。こっちは、塩コショウ。あれは、チリソース。この料理は野菜に巻いてから食べてください」
などと面倒くさい。
それで、各テーブルを回り、食べ方説明。
日本語が上手だねって声をかけられて、少し恥ずかしかった。
国際色豊かな会で、32ヶ国の方が参加しているそうだ。
ちなみに、写真に写っているグループで日本人は多分一人だけ。
どなたかわかります?
皆さん、顔が生き生きしていて、素敵ですよね。








スポンサーサイト

Cafe vol.9 Molinari(人文社会大学から徒歩3分)

2013.12.06 15:11|カフェ部活動報告
店名:Molinari
住所:5 Le Duan, Q.1, TP.HCM
※ペトロベトナム・タワー 1F(動物園の前)

食事の後とか
「めっちゃ、チョコ食べたいわぁ~」
って、気分のときありません?
そんなときにおすすめな「チョコレートケーキが抜群においしいカフェ」のご紹介。
チョコレートケーキだけでなく、この店、コーヒーもおいしいと思う。

molinari14.jpg
日系企業も多く入っているビルで、ガス石油関係の会社なので、きれいで入りやすい。
ドンズー学校からは近くないけども、ホーチミン市日本語業界の総本山とも言える人文社会大学の近所にあるので、日本語業界関係者は知っておいて良いと思う。
人文社会大学へ行ったついではもちろんのこと、日本語能力試験後に行った帰りとか、学生と動物園へ遊びに行った帰りなんかに利用するのも良い。


molinari10.jpg
ちなみに、昼に行くとこんな感じ。
普通のオフィスビル。



DSCN6749.jpg
店内は、清潔感と開放感がある。
ビジネスマンの利用が多いからか、椅子もゆったりしていてうるさくない。
大声で話す人も滅多にいなく、大人な空間。
料金はやや高め設定で、メニュー数は少ないものの、食事もまずまずおいしい。



molinari6.jpg
これが、お目当てのチョコレートケーキ。
ツヤがなく、見た目そんなにおいしそうじゃないけど、食べると濃厚なチョコレートが口いっぱいに広がる。
「うわっ!チョコレートだ!」
と、思わず当然のことを口走ってしまうくらい濃厚で、チョコレートをぎゅっと凝縮したチョコレートって言うんでしょうか。
世界各国いろいろな言語があるけども、関西弁で
「めっちゃ、うまいわぁ~!!」
と叫んで欲しい一品。

うまく説明できないけど、こういうおいしい物を食べたときは、小さい「っ」にタメを作って関西弁で言うのが一番的確な表現方法だと思う。

molinari19.jpg
チョコレートケーキは、ストック数が少なく売り切れだったり、残り1個だったりして友達と譲り合いになることが多い。
そんなときの代用チョコレートケーキがこちら。
味は一緒だけど、上の2層が余計なんだよな~、みたいな。
下の3層がおいしいくて、その3層がたっぷりと本物のチョコレートケーキに入っている。


チョコレートケーキをカットして写真を撮ろうかと思ったんだけど、お楽しみってことでおあずけ。
小さいけど、おいしさと至福の時がたっぷり詰まったケーキ。
ホーチミン市へいらした際は、是非お試しください。

日本語能力試験終了しました!

2013.12.03 11:19|ベトナム日本語事情
12月1日(日)は、日本語能力試験。
数年前までは年1回の行事だったけど、今は12月と7月の年2回。
日本語学習者は、この試験のために半年間勉強してきたといっても過言ではない。

最近は、N2(例えるなら英検2級)取得が日系企業就職や通訳条件などに挙げられていて、学生の目標であることはもちろんのこと、学校や先生もN2取得のために授業しているといったような風潮が見受けられる。
しかし、日本語学習者の目的は仕事で日本語を使うとか、留学して日本語で勉強するために日本語が必要であるとか、目的を達成するための手段として必要な能力であり決してN2取得が日本語学習の終点ではない。

この日は、私たち日本語教師にとっても、これまで教えてきた学生がどのような出来であるのか、教えてきたことがどれだけ浸透していたのかなど反省する大切な日。
言い方悪いかもしれないけど、年に2回の収穫祭みたいな。
今年のできは、どんな感じかなぁ~と。


jlpt201312 2
試験会場は、HCM(ホーチミン)市内にある小学校や高校にて行われる。
主に、人文社会大学周辺の学校が多い。
ベトナムの学校は「コ」の字形もしくは、「ロ」の字形が多い。
フランスの影響か、建物がどこかヨーロッパっぽくおしゃれ。
「こんな学校で勉強してみたいなぁ~」
なんて、ちょっとだけ思ったりする。


jlpt201312 7
校庭には、受験生のバイクがいっぱい。


jlpt201312 8
試験中は、廊下がひっそり。
風が流れていて、日陰に入ると意外と涼しい。


jlpt201312 1
日当たりの良い教室。
この通路を歩いて、不正がないかチェックするのが日本人の役割。
乾季の陽射しが気持ちよく、途中で眠くなったりする(笑)



日本語能力試験監督は、主に日本語業界関係者が行う。
飲み代くらいのお小遣いはくれるため、終了後に反省会を兼ねて食事に行くのが毎年恒例。
今年も昼ごはん代にペロリと飲まれた。

ちなみに、日本語能力試験なので「N2」は、「エヌ・に」と読みます。
エヌ・ツーではありません(笑)

| 2013.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。