スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにベトナムも飲酒運転禁止?

2013.08.30 16:58|日常生活
町で見つけたこんな看板。
1DSCN5652.jpg

黒文字は
「楽しんだ後は、後悔しないように」
赤文字は
「ビールを飲んだら、運転するな」
まあ、ストレートでわかりやすい。


日本人にとっては
「当たり前のことじゃない?」
と思うかもしれないけど、ベトナムでは飲酒運転は当たり前。
一応、規則では飲酒運転は禁止されているものの、守っている人は見たことがない。
私は、バイクを運転する時は飲酒しないようにしているものの、最近はローカル・ビールなら1本。
サッポロ生ビールなら2杯以上飲まないようにという規制を設けている。
「それって飲酒運転じゃん」
と突込みが入るのは承知の上での飲酒規制。

郷に入っては郷に従えで、ベトナムで飲酒運転しないでバイクを乗るというのは難しい。
どうしても、知人が道端で飲んでいればあいさつしなければならないし、あいさつすれば
「1杯だけでもいいから飲んでけ」
と勧められる。
ここで断っては、友好断絶にも等しき好意(ちょっと大袈裟か)にあたるので、飲まないわけにはいかない。
まあ、これも現地の方と仲良くするための習慣みたいなもの。
とりあえず1本だけのみ
「あんまり飲むと、運転できなくなるから」
という断り方がスマートで、そこから生まれた上記の飲酒運転ルール。
この手の断り方にはベトナム人は親切で、それ以上は勧めてこない。


普通、ベトナム人は忘年会だろうが結婚式だろうが、必ず飲酒するという状況であっても平気でバイクで行く。
ベトナムの結婚式は、ジョッキにビールを注ぎ、一気飲みの連続。
一般的にはバイクで来ている人は、飲む量を加減しているが、中には加減できない方もいるわけで、ふらふらになりながら駐輪場へ行き、バイクもふらふらになりながら運転して帰る。
危険この上なく、事故ることもしばしば。
ただし、ホーチミン市内で事故を起こしても、時速30km/hくらいしか出ていないので、大事故にならないことが多い。
それ故、飲酒運転が減るような感じがしない。



なので、このような飲酒運転禁止の看板が市内で見られることになったことに驚いた。
まあ、馬の耳に念仏なんだろうけど・・・。




スポンサーサイト

バイクより自転車の方が怖い件

2013.08.22 16:13|日常生活
1DSCN5235.jpg
帰宅ラッシュ時の交差点。
バイクが多いのってなんのって。
初めてホーチミンに来た方は驚くこと間違いなし。
こんなにバイクが多けりゃ、さぞ運転も大変だろうと思うところだけど、実はそれほどでもない。
流れに乗っていれば、どんなにバイクが多くてもそんなに難しいもんじゃない。
速度も30km/hくらいしか出ていないので、軽い接触事故は多くても、大きな事故は滅多にないし、意外と安全だったりする。

1DSCN5239.jpg
それよりも、自転車。
自転車もバイクと同じく車道を走る。
なので、交差点を左折(日本の車線だと右折)するときや、左折するために中央ラインに寄っていくときなんか必死の形相で立ちこぎになる。
特に、3車線以上の広い道路になると、中央ライン側の車線は4輪車、外側の車線は2輪車となるため、中央ラインに寄っていくと、車からクラクションの嵐。
バイクは、スピード出るからサッと寄ることができるけど、自転車はできないんで大変。
神経も体力もヘトヘトになる。

Bun Dau(ブン・ダウ)

2013.08.06 16:56|食べ物
1DSCN4626.jpg
最近ホーチミン市で流行っている料理といえば、Bun Dau(ブン・ダウ)ではなかろうか。
ホーチミン市に住んでいて思うのは、流行の回転が速い。
どんどんどんどん、次から次へと新しい食べ物が出てくる。
消費者が追いつかないくらいの速さで流行する。
全体に普及するというよりも、この料理だけの通りができてしまうくらい同じ店が密集すること。
イメージ的にラーメン横丁があちらこちらに出現するって感じ?

で、この料理。
元々は北部料理で、とういか料理に関しては北部から入ってくることの方が圧倒的に多い。
Bunというのは米から作った細い麺。
Dauというのは豆のことで、Dau Huといえば豆腐を指す。
ということで、ここでのDauというのは厚揚げのこと。
これが、揚げたてほっかほかで、おいしいことこの上なく
「あちっ!ふほっ、ふほっ、ふほっ」
と、口の中で中々かめないくらいの熱さ。
この厚揚げと一緒にBunとか揚げ春巻きとか野菜とかをレタスなどの大き目の葉っぱで巻いて食べる。
ヘルシーこの上ない一品なのだが、問題なのがタレ。
マムトムと呼ばれるエビを発酵させたタレにレモンを絞って食べる。
初めての人だと鼻が曲がるくらいの強烈な臭いで食べるのに一苦労。
以前、ベトナム料理の本を読んでいると
「エビのエキスが濃縮されて口の中でエビが踊っているようや~!」
なんてことが書いてあったけど、そんなに綺麗な表現の食べ物ではない。
エビのエキスが濃縮という部分は理解できないこともないけど、一般的に日本人は苦手だと思う。
なので、ヌック・マム(魚醤)につけて食べるのが無難。
厚揚げはおいしいんだけど、タレがねぇ~という一品。

でもヘルシーなので、ベトナムへ来たら是非トライ。
| 2013.08 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。