スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水餃子が食べたくなったら、Ha Ton Quyen(ハー・トン・クイン)

2016.01.06 17:01|食べ物
11区の中華街へ行くと、水餃子通りがある。
Ha Ton Quyen(ハー・トン・クイン)通りと呼ばれている通りで、50mくらいの間に水餃子屋が並んでいる。
夜になると賑わい、昼間は数店しか開いてない。
ちなみに、水餃子と書いてるけど、一般的に日本人がイメージする水餃子とは違う。
水餃子、もしくは具沢山ワンタン入りスープだと思っていただいた方が良いと思う。


1934389_10201157077925088_3002454261484398043_n.jpg
電気がついているところは全部お店。


946791_10201157078005090_67673521215623236_n.jpg
数ある店の中で、一番人気は195天天水餃(Thien Thien Sui Cao)
他と食べ比べてみると、なるほどと納得の味。
向かいにも席がある。





人気は天天水餃に譲るものの、私のオススメは玉意(Ngoc Y ゴック・イー)
6426_10201157074685007_2039625838074333455_n.jpg
地元の中国人や通は、こちらの玉意に行くんだとか。
私は、正直に言うと天天水餃も玉意も好き。
というか、それほど味の違いがないような・・・なんてこと書くと身も蓋もないけど。

Ha Ton Quyen(ハー・トン・クイン)通りに最初に店を出したのが玉意。
玉意が大ヒットしたので、他店もここに店を出すようになり水餃子通りとして有名になったそうだ。
という話を聞いたら、玉意を応援したくなるじゃない?
それに、どうせ食べるなら元祖の店で食べたい。





1455001_10201157080365149_2007220422821485803_n.jpg
これが、Mi Sui Cao(ミー・スイ・カオ)
水餃子入り中華そば。
他店と比べて、見た目がきれい。
器もそうだけど、盛り付けも品があり、さすがブームの火付け役となった店だけのことはある。
スープは、すごく上品。
メインの水餃子は、ガバッと口を開けないと食べられないくらい大きい。
弾力あるエビがおいしく、食べ応え十分。
これが5個くらいある。
付け合せの野菜がシャッキリしていて良い。




947013_10201157080285147_4270149302267781964_n.jpg
上の水餃子を楽しんだ後は、中華そば。
ここは、生麺を使用しているが、一般的にベトナムはインスタント麺や乾燥麺を使うことが多い。
しばらく滞在していると、生麺が食べたくなる。
最近は、日本食ブームでラーメン屋がいくつもあるけど、昔は生麺求めて探しまわったものだ。
生麺の店を見つけても、ゴムみたいな麺だったり、コシがなさ過ぎたりと、日本人の口にはあまり合わないことが多かった。
玉意の麺はおいしい。




12507184_10201157079725133_562352086327148897_n.jpg
揚げ餃子もある。
焼き餃子はない。
スイートチリソースでいただく揚げ餃子は絶品。
私、醤油大好き人間だけど、これは絶対スイートチリソース。
パリパリの食感が気持ちよく、中華そばに入れたら天ぷらみたいでおいしいかなと思って試したけど、これはイマイチだった。

二人で行ったので、水餃子入り中華そば2杯と揚げ餃子1皿で91000VND(=500円)
安い~!!
夜、ちょっとお腹が空いたときは、Ha Ton Quyen(ハー・トン・クイン)通りへ。
玉意はお昼もやってるので、ランチにいいかも。

スポンサーサイト

ドクターズ・カフェ&レストラン「HIRO」訪問

2015.12.28 16:51|日常生活
久しく記事を書いてなかったけど、カレー食べに来ませんか~とのお誘いメールがあったので、行ってきました。

店名:ドクターズ・カフェ&レストラン「HIRO」
住所:1B5 Duong So29, Q2
10553373_10201131684410266_6265136445091687048_n.jpg
閑静な住宅街の奥にあるお店。
いや~、わかりにくかった。
おかげで、バイクで何度も行ったり来たりしたので、この辺の町並みを見ることができた。
つい最近までど田舎だと思ってた2区が、今や手が届かない高級住宅街。
ずいぶん出世したな~と驚いた。

11月10日にオープンしたばかりの店。
ドクターズ・カフェとは、その名の通りお医者さんがいるお店で、出資者がお医者さんなんだとか。
体に良い食べ物を提供してくれるとのことで、野菜はすべて有機野菜。
ただ、ベトナムでは毎日有機野菜を確保することが困難だそうで、そんなときは、50℃の水で野菜を洗うそうだ。
本も出版されている。
出版者のメンバーに、こちらの店のシェフもいるんだとか。
農薬もきれいに取ることができ、味もよくなるとのことで、ベトナムで出版したらバカ売れ間違いなし。
ところで、水って言ってたような気がするんだけど、50℃といったらお風呂より熱いからお湯だよな、なんてことを今更ながら思ってたりして・・・

1909999_10201131683210236_8957766658141699213_n.jpg







さて、料理。
ランチは、カレーかフレンチとのこと。
店内には、3テーブルしかなく、夜は前日までの3組限定完全予約制。
3組だけで、儲かるんやろか・・・と、余計なお節介だけどちょっと心配。
今日は初めてなので、カレーをチョイス。

576816_10201131681810201_7217791647198040795_n.jpg
席に着いたらお冷を持ってきてくれたけど、何やら見慣れないものがピッチャーの中に入っている。
スイカにレモン。
レモンは、時々見かけるけども、スイカってどーゆーこと?
ピッチャーにスイカって、何か理由があるんだろうかと思って聞いてみるとデトックス・ウォーターと言うんだとか。
ここでゆっくり料理と時間を楽しんで、体の中からリフレッシュしちゃってください。
みたいな。
ここは普通のカフェと違ってドクターズ・カフェですから、体に良いことしちゃいますよ。
みたいな。

初めて見たけど、うんざりするくらい暑いホーチミン市では、涼しげでいいなぁ~と思った。



1909674_10201131681490193_7708722502536150481_n.jpg
デトックス効果のある水と、手作りジンジャーエールと有機野菜のサラダ。
思わず
「きれいだね~!」
と言ってしまったくらい盛り付けがきれい。



1913873_10201131679690148_2858294348618020596_n.jpg
メインのシーフードカレー。
私の中では、カレーは家庭料理だと思っているので、そんなに期待していなかったんだけど、これ、本当においしかった。
グルメリポーターのようなスパイス効いたコメントはできないけど、エビ、ムール貝、魚(この日はイトヨリ)のダシがカレーと合わさって、とにかく
「うま~!!」
と、口から勝手に言葉が漏れてしまう一品。
高々カレーだろって思ってたけど、一直線に具を並べた盛り付けとか、クリームにアーモンドスライスとか、ズッキーニの緑とか、とにかくきれい。
作っているところ見てないけど、家で作ったカレーのようにお玉ですくって皿にどば~みたいな盛り付けじゃなくて、ムール貝は奥、ズッキーニは手前という風にちゃんと並べたんだろうなぁ~って思うと、これだけでお金払う価値あるなって思った。
ちなみにこのカレー、シェフが元公邸料理人のため、エジプト、パリ、ハノイでも提供されていた料理なんだとか。
いや~、なかなか素敵な料理をいただいたなというのが正直な感想。
作り方次第で庶民料理でもオシャレになるお手本のような料理。
この技、盗ませていただきます。
家で作るとき、真似してみようっと。



1909668_10201131684850277_8325695893126126573_n.jpg
こちらが井上シェフ。
さすが世界で活躍された方で、短い時間だったけど、トークも上手で笑顔も素敵。
フレンチが専門とのことで、是非味わいに来たいなと思った。




1053_10201131684170260_5302572194365000271_n.jpg
こちらがCOOの小森さん。
好感度抜群で、いろいろ料理のことを教えてもらい勉強になった。




ドリンク付で20万ドン(約1200円)
食べる前は高いと思ったけど、食べたら納得価格。
むしろ、少し安いかもと感じた。
ちょっと贅沢気分を味わいたいときとか、親しい人の記念日とかに利用したいお店。
フランス料理はあまり食べないけど、井上シェフの料理は食べてみたい。

お店の人に忘れられないように、ちょくちょく食べに行こうかな~と思う。

今年も月餅の季節になりました! 2015

2015.08.26 15:59|日常生活
今年もやってきた中秋の名月。
この時期が楽しみになってきたら、ベトナム生活上級者だと思う。
年中真夏日のホーチミン市において、季節感が感じられる数少ないイベント。

11951244_10200813654139708_2299624164543376921_n.jpg
この時期になると、そこら中に即席月餅販売所が設立される。
ここで販売されている商品は一般的な月餅。
少し変わったものを食べたかったら、ホテルやカフェなどで購入するのが良い。
近年、月餅戦線も変わってきており、味も見た目もオシャレな商品が多い。


11892125_10200813655059731_8278632590407958238_n.jpg
こちらは、老舗ニュー・ランの月餅。
ゴマ入り黒豆の月餅。
味は、ほぼ想像通り。
1個7万ドンで食べ応えがある。
左下のシールにある

Me Dau Den=Me(ゴマ)+Dau Den(黒豆)
0 Trung=玉子0個

というのを見て好みの味を探す。
玉子は塩漬けの黄身が入っており、日本人は苦手な人、もしくは好きでも嫌いでもないという人が多い。



11949430_10200813654979729_6471102864676697012_n.jpg
月餅を半分にカット。
あんがずっしり入っているが、そんなに甘くない。
一般的にベトナム人は、お菓子系の月餅よりも鶏肉やThap cam(五目)といったものを好む。
そのため、生産量が少ないのか、例年ニューランの黒豆月餅はすぐに売り切れてしまう。





11960207_10200813653139683_502470132178175611_n.jpg
こちらは、毎年新製品発掘のため、カフェで買ってくる月餅。
今年は、左上からブルベリー、ラズベリー、右側がコーヒーと3種類購入した。
コーヒー味は昨年もあったけど、食べるのは初めて。
玉子入りしかないけど、ベトナムにはエッグコーヒーなんて商品もあるし、案外まろやかでおいしいかも。
なんて思いながら選んだ。


11896033_10200813651899652_8161207589763640926_n.jpg
カットした写真。
左からラズベリー、ブルーベリー、コーヒー。
ラズベリーは、実物はもっとピンク色できれい。
結論から言うと、ラズベリー、ブルベリーは絶品。
ブルーベリーがおいしいという人が多かったけど、個人的にはラズベリーが一番おいしかった。
程よい酸味があり、甘すぎずおいしかった。
もう一度買って来ようかなと思う。
コーヒーは、玉子の塩味がきつすぎてコーヒーの味がしない。
これは、失敗・・・
でも、まあ、お月見さんだからね。
やっぱり、黄身が入っていた方が雰囲気出るでしょ。


といことで、今年は4種類食べた。
まだ時間があるから、気になる商品があったら食べてみよう~。

生春巻きの国から新スタイル生春巻きのご提案^^

2015.08.13 14:54|食べ物
店名:Nhan Ngai
住所:97 Xo Viet Nghe Tinh,Q.Binh Thanh

ちょっと変わった生春巻きのお店があるという噂を聞いたので行ってみた。
住所を見てもしやと思ったけど、自分の職場の斜め前にある店。
まさに灯台下暗し。


11822364_10200759478785358_8691536959071000465_n.jpg
外観は普通だな~、と。
特に惹かれるものもなく、店があるのは知っていたけど、いつも素通りしていた。


11885241_10200785268270079_8315734127324013272_n.jpg
店内は、きれいで清潔感がある。


11855748_10200759476825309_6742800563782620801_n.jpg
こちらはデザート。
右上にあるパンナコッタがおいしそう。



11887835_10200785268110075_2030511382850335340_n.jpg
これが噂の生春巻き。
鶏肉BBQ、牛肉、カニ、エビ、エビ&アボガド、すり身などの具があり、各種12000ドン。
写真は左から、牛肉、鶏肉BBQ、エビ&アボガド。
全種類食べたけど、オススメは断然牛肉。
カニはサワガニみたいに小さく、食べるとチクチク痛い。

奥に見えるのは、ピーチ・ティー。
最近、ホーチミン市ではピーチ・ティーが大流行。
味は特に変わったものがなく、どうしてこれが流行るのかよくわからない。
黄桃の缶詰のトッピングがウケているのかな?



11234910_10200759477745332_4032684890251114247_n.jpg
鶏肉BBQの断面。
鶏肉の他に、きゅうり、人参、レタスの千切りに、ブン(米粉から作った麺)が入っている。
香草は、入っていないと思う。

通常の生春巻きの具は、エビと茹でた豚肉が定番。
そこに、ブンと紫蘇、ミント、パクチーなどの香草をたっぷり入れて、ライスペーパーで巻く。

なので、確かにベトナム風ではないような生春巻き。
外国人が好みそうな生春巻きで、逆輸入的に外国の影響を受けて作った生春巻きではないのかな?という印象を受けた。
でも、これ、すっごくおいしい。
普通の生春巻きには飽き飽きしていたので、断然こっちの方がオススメ。




11866374_10200785264709990_1210231734876682530_n.jpg
ついでに、あまり期待していなかったBanh Mi Ga(バイン・ミー・ガー)、ベトナム風鶏肉のサンドイッチ。
これ、絶品。
フランスパンに裂いた鶏肉、大根、人参のなます、お好みでパクチー、唐辛子を挟んで、それをオーブンで焼く。
外側パリッパリで、中ふっくら。
パンくずこぼしまくりで食べる一品。
20000ドンと、ローカル相場からすると少し高めだけど、食べる価値あり。
個人的には、今までで一番好きかも。
まあ、これも、生春巻き同様邪道だって言われそうだけど・・・


日々進化するベトナム料理発見みたいな感じで、オススメの一品。



最近の流行 テイクアウト・カフェ

2015.07.18 17:40|日常生活
私的なことだけど、ベトナムに来て9年、初めて本当に一人暮らしを始めた。
今までは、学校の中にある寮に住んでいたので、生活のことはほとんど職員の方がやってくれたし、通勤も経験したことがない。
野菜でいうなら温室ハウス栽培って感じか。
かなりぬるい環境で生活していたと思う。
一週間経過して、初めて海外で生活しているなと実感し、生活も充実してきたような感じがする。
通勤も初めて経験した。
そして、バイク通勤することにより、ホーチミンでスタンド式のテイクアウトカフェが流行っていることを知った。
値段は、10000~13000dなので、一般的な相場より少し高く感じる。
でも、通勤途中に購入する人は多い。




11040396_10200702152872246_8840804475933572217_n.jpg
多くの店の中で、一番感じ良いのがPho Quang通りにある店。
スタッフはいつも笑顔。



11237919_10200702152912247_8562928021814550212_n.jpg
空いてる時間は、手際よくコーヒーを仕込む。


11753290_10200707640209426_3748226457647038189_n.jpg
Cafe Sua Da(カフェ・スー・ダー)=練乳入りコーヒーを注文。
そしたら、まず銀色の大き目のカップに氷を入れる。



11221335_10200707640089423_6753268819634519702_n.jpg
そして、氷がいっぱいのカップの中にコーヒーを入れる。
混ぜるのかなと思って見ていたら・・・


11705295_10200707641569460_4739985151605965014_n.jpg
バー・テンダーみたいに振っちゃうんだ!
みたいな。

最近のカフェでは、カクテルを作るシェイカーにコーヒーと氷を入れて振っているのを見かける。
マドラーで混ぜるよりも、すごくおいしく感じるから不思議。




「Enjoy Coffee!!」
と言って、コーヒーを渡してくれる。
すごく新鮮に感じた。
お客さんは全員通勤者だから、日本だったら
「お仕事、頑張ってください」
だと思う。

でも、ベトナムは
「コーヒーを楽しんでね!」
なんだ。
コーヒーを楽しむくらいの心のゆとりを持ちながら仕事頑張れよってことなんだろうか。
言葉の真意はわからないけど、受け取るときに思わず笑顔になるような「Enjoy Coffee!!」
ベトナムと日本は違った文化の国なんだなって思う。





| 2016.12 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Ito

Author:Ito
ホーチミン市在住日本語教師のブログです。
日常生活、ベトナム文化、ベトナム料理、ローカルカフェ情報など、住んでみないとわからないことを掲載したいと思います。
ベトナムの良いところ、日本との文化の違いを知ってもらいベトナムに来たいと思っていただけたらうれしいです。

取材リクエスト・ベトナムの不思議・ホーチミン市に関するご質問などがあればご連絡ください。

作成者:伊藤 晴彦

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。